超一流の医師たちのもとで、
切磋琢磨しながら成長できる。

池田 貴夫

ER部門 助教 2018年入職
プロフィール
愛知医科大学を卒業後、初期研修先としてトヨタ記念病院で勤務。その後、世界基準のICU診療を学んでみたいと考え、後期研修先として藤田医科大学救急総合内科を選んだ。現在はER部門に所属し、初期研修医の指導などを担当。休日は子ども遊ぶ良きパパの一面も。
藤田医科大学・救急総合内科への入職を決めた理由は?

日本有数の医師のもとで
医師としての力を高めたかった

私が救急総合内科での勤務を希望したのは、エビデンスを重視した世界標準のICU診療を学びたいと思ったからです。実際、日本有数の救急医として全国に知られている岩田先生や渡瀬先生、集中治療・総合内科医の権威である植西先生の臨床診療に間近で触れ、学びを得られるのはとても貴重な経験だと感じています。

ER部門 助教 職場風景
現在の仕事は?

初期研修医を指導しながら
安心できる救急医療を提供

現在はER日勤と救命ICUの当直業務を担当しています。これまでの経験を踏まえて初期研修医たちの指導にあたりながら軽症から重症まで数多の疾患を診療できるERの面白さを伝えること、見逃しのない安心できる救急医療の提供に努めています。また、ERおよび救命ICUにおける重症患者の管理なども行っています。

ER部門 助教 職場風景
救急総合内科で働くことの魅力は?

信頼できる同僚たちに囲まれ
希望のキャリアを描いていける

救急総合内科の魅力は、スタッフ全員が医療に対して真摯に取り組んでおり、信頼できる同僚ばかりであることです。また、幹部の先生たちが、医局員のキャリアや私生活を十分に考え、最大限の配慮をしてくれるため、オンとオフがはっきりしているのも特長です。プライベートを犠牲にすることなく気持ちよく働けます。

ER部門 助教 職場風景
今後の目標は?

とにかく学びが多い職場
継続的に自分を高めていきたい

救急総合内科のスタッフはそれぞれが得意とする多方面の知識を持っており勉強会も盛んに開催されているため、とても学びが多いです。今後の目標は新たに着任された渡瀬先生から、ERの部門運営や教育に関して学んでいきたいと考えています。また継続的に救急医学・集中治療学・総合内科学を学び続けたいです。

ER部門 助教 職場風景
救急総合内科を目指している方へのメッセージ

キャリアビジョンに応じて
オリジナルの研修を組むことも

各部門に良いリーダーがいてくれるため、それぞれの分野での学びが多いです。いわゆる医局制度が強くないため、人生の選択肢を多く持てるのも良いところだと思います。その人が希望するキャリアに応じて、感染症科・整形外科などと連携を取り、オリジナルの研修プランを作ることも可能です。

ER部門 助教 職場風景

1日の勤務スケジュール例

08:00 出勤
08:15 当直者からの引き継ぎ
12:00 昼食
16:45 当直者への引き継ぎ
17:30 帰宅

キャリアパス

入職 (7年目) 救命ICU部門に配属

8 年目 病棟部門へ異動

9 年目 ER部門へ異動

オフの日の過ごし方

子どもとの時間を大切に

休日には子どもと一緒の時間を大切にし、たっぷり遊ぶようにしています。救急総合内科では、育児休暇を取得する男性医師もたくさんいます。仕事だけでなく、プライベートの時間を大切にできるのも大きな魅力の一つです。