ER - Emergency Room -

ER部門

大学病院でありながら、1次救急から3次救急まで対応。
多岐にわたる症例に触れ、多くの貴重な経験を積める場所。

動画でわかるER部門

応需率はほぼ100%
合言葉は「絶対断らない」

救命救急センターとして軽症から重症まで幅広い患者さんに対応し、年間25,000人程度の救急外来受診患者を受け入れています。救急搬送台数は年間およそ9,100〜9,700台。応需率はほぼ100%で、多くの経験を積むことが可能です。

ER部門 ドクター
01

特 徴

多岐にわたる症例を
経験

敗血症性ショック、脳卒中、痙攣重積、消化管穿孔、急性冠症候群、喘息重積発作、急性肝不全、甲状腺クリーゼ、高度な電解質異常などの重症内科救急のみならず、多発外傷、熱傷、中毒といった救急疾患、さらに他の病院ではあまり経験できない身体的管理が必要な精神科救急なども経験することができます。

ER部門 ドクター
02

特 徴

救急医が24時間常駐

幅広い視野が求められる救急の現場には、マネジメントに長けた救急医が24時間365日、必ず常駐する体制を敷いています。患者さんに迅速かつ適切な処置が行えるのと同時に、若手医師が安心して学べる場を提供しています。

ER部門 ドクター
03

特 徴

診断装置などの設備も充実

CT、MRIなどの画像診断装置をはじめ、ERに必要とされる設備がERのすぐそばに設置されています。重症患者については受け入れ初期の段階から当科の集中治療チームと対応にあたるなど、他の部門と緊密に連携を図っているのも特長です。

特 徴

ER部門の実績

26台/日 (9641台/年)

平均救急車搬送台数

75人/日 (27425人/年)

平均救急外来受診数

98.7% 平均値96.6%

救急車応需率

15人 (提携病院含む)

指導医数

※2021年のデータ

ERの風景

初療室は5部屋。広くて複数の医療機器が入っても問題なく診療が行えます。
陰圧部屋も完備。中央のモニターで全部屋のバイタルサインがチェックでき、当科スタッフがリーダーとして医師、コメディカルと協働します。

ER部門と関連がある研修プログラム

救急科専門医 後期研修プログラム 風景

救急科専門医
後期研修プログラム

重症者の救急診療はもちろん、病棟での診療にも対応した一流のジェネラリストを目指せる研修プログラムをご用意しています。

ER部門の先輩インタビュー

ER部門 助教

ジェネラリストを志すうえで、
最高の環境が揃っている。

清水 宏康 ER部門 助教 2022年入職
岩田 充永
主任教授 岩田 充永Iwata Mitsunaga

“心肺停止”から“心配呈し”まで、眼前の患者さんの力になりたい。これまで「医師として、どうしたら困っている患者さんの役に立つことができるだろうか?」と考えながら、救急、内科、老年医学の現場で働いてきました。医師を志した初心を決して忘れさせないERや総合内科という場所をとても気に入っています。

資格
救急科専門医・指導医、総合内科専門医・指導医、老年病専門医、プライマリ・ケア認定医
渡瀬 剛人
病院教授 渡瀬 剛人Watase Taketo

ERは社会と病院をつなぐ楔だと思っています。不安でどうしていいか分からない患者さん、たらい回しになっている患者さん、重症な患者さんなどがいて、それを受け入れられる・救える病院がある。その狭間で存在しているのが藤田ERです。そこで働くのが、来る者を拒まずに受け入れられる医療知識・技術と想像力を持ち合わせている藤田ER医です。

資格
米国救急専門医、MBA、ECFMG certificate
徳山 秀樹
病院教授 徳山 秀樹Tokuyama Hideki

藤田医科大学ばんたね病院に赴任いたしました。病院の持つポテンシャルを急性期医療に発揮できるよう、がんばります。

資格
日本救急医学会専門医、日本集中治療学会専門医、日本熱傷学会専門医、社会医学系指導医、ICLSコースディレクター、日本DMAT隊員
所属
ばんたね病院
都築 誠一郎
講師 都築 誠一郎Tuzuki Seiichirou

総合内科、救急、集中治療、教育、研究などその場で必要とされているものに柔軟に応えれることこそが、目指すべき総合内科医の姿です。

資格
総合内科専門医、救急科専門医、集中治療専門医、ICLSコースディレクター
所属
岡崎医療センター
三島 亜紀
助教 三島 亜紀Mishima Aki

外部の病院で毎日勉強しています。

資格
内科認定医
所属
名鉄病院
服部 弘太郎
講師 服部 弘太郎Hattori Kotaro

外科医として20年近く働いてからの救急医への転向ですが、これまでの経験も生かしながら楽しく仕事させてもらっています。

資格
外科専門医
所属
岡崎医療センター
坂崎 多佳夫
助教 坂崎 多佳夫Sakazaki Takao

小児から災害医療まで、幅広く対応できるよう精進しています。藤田の山Pになりたい。。。

資格
救急科専門医、内科認定医
所属
岡崎医療センター
池田 貴夫
助教 池田 貴夫Ikeda Takao

高度な診療に留まらず,患者さんとそのご家族の心情に寄り添える医療を提供出来るよう努めます。

資格
救急科専門医、内科認定医
中島 理之
助教 中島 理之Nakajima Masayuki

目の前の患者様の、ちょっとした相談から急変時まで対応できるようになりたいと思い救急内科に入りました。軽症重症分け隔てなく、当科を受診された患者様及びご家族様の生活の質が少しでも良くできるよう日々学ばせていただいております。

資格
内科認定医、救急科専門医
所属
第二教育病院(ばんたね病院)
安藤 綾
助教 安藤 綾Ando Ryo

家族と職場に支えられて、育児と患者さんに全力で向き合っています。

資格
救急専門医
長澤 恭平
助手 長澤 恭平Nagasawa Kyouhei

多くの患者さんのために頑張ります!

資格
内科認定医、救急科専門医
清水 宏康
助教 清水 宏康hiroyasu shimizu

資格
救急科専門医
神間 しほ莉
助手 神間 しほ莉Kanma Shihori

病気だけでなくその後の生活も考えながら、患者さんと向き合い診療を行います。

資格
救急科専門医
所属
第二教育病院(ばんたね病院)
丹羽 成彦
助手 丹羽 成彦Niwa Naruhiko

患者一人ひとり、そしてその家族に寄り添った思いやりのある最善の医療を提供します。そのために日々精進して参ります。

吉岡 亜以子
助教 吉岡 亜以子Yoshioka Aiko

ママをしながら救急医として奮闘しています!

資格
総合内科専門医、プライマリ・ケア認定医
松井 直樹
講師 松井 直樹Matsui Naoki

若い先生方の邪魔にならず、少しでも助力になれれば幸いです。

資格
日本外科学会外科専門医、日本救急医学会救急科専門医、日本外傷診療研究機構JATECコースインストラクタートレーナー
所属
岡崎医療センター
高松 悟
助手 高松 悟satoru takamatsu

患者さんにとって最善の医療を提供できる、幅広い知識を持つgeneralistを目指して日々精進して参ります。

渡邊 匡彦
助手 渡邊 匡彦masahiko watanabe

どんな環境でも患者さん第一の医療を提供できるよう、日々努力していきます。

太田 拓
助手 太田 拓taku ota

日々の経験を忘れず、あらゆる技術や知識を向上していきます。

加藤 秀隆
助手 加藤 秀隆hidetaka katoh

医療を通して患者さんや地域社会に貢献いたします。

木村 政紀
木村 政紀masaki kimura

患者様、ご家族様との出会いを大切にして、日々診療をさせていただきます。