ICU - Intensive Care Unit -

救命ICU部門

ER経由の重症患者に加え、他院からの紹介症例なども多数。
迅速かつ適切な診断、根治的治療、全身管理のすべてが学べる。

「診断」と「全身管理」の両輪をきちんと回す

本邦のICUは麻酔科や救急科の専門医で構成されることが多いなか、総合内科医を中心に運営されているのが特徴。当部門が大切にしている「診断能力」と「全身管理能力」の両方を徹底して鍛えられる環境です。

救命ICU部門 ドクター
01

特 徴

診断・治療の力を磨く
充実した教育環境

内因性疾患が7割、外傷が2割、その他(中毒や熱傷)が1割。複雑で重症な病態に対してプロブレムごとだけでなくシステムごとに全身を把握するトレーニングを積みます。教授による教育回診は、毎日新しい知識を学ぶことができます。

救命ICU部門 ドクター
02

特 徴

ICU部門とER部門を
同じ科のスタッフが対応

救命ICUもERも、勤務するスタッフは同じ救急総合内科の仲間。両部門間の引き継ぎがスムーズに行われ、医療の連続性を高いレベルで担保しています。日常的に情報交換を行い、互いを理解していることから何でもすぐに相談できます。

救命ICU部門 ドクター
03

特 徴

8床のClosed ICU
感染症用の病床も完備

経肺圧を測定できる人工呼吸器、透析機器はもちろん、持続脳波測定装置、間接熱量計といったICUに必要となるモニタリング装置も完備。全体を見渡せる広々とした造りで、感染症用の病床も2床設けられています。特定集中治療加算1の算定が可能で、高水準の医療を提供できます。

特 徴

ICU部門の実績

35.8人/月 (30〜46人)

平均入院患者数

76%

全入院患者における
内因性疾患の割合

24%

全入院患者における
外傷/熱傷/中毒の割合

6.4日

平均ICU入院日数

5人

指導医数

※2020年のデータ

ICU部門と関連がある研修プログラム

内科専門医 後期研修プログラム 風景

内科専門医
後期研修プログラム

内科医としての高い臨床能力のみならず、救急や重症管理にも長けた一流のジェネラリストを目指せる研修プログラムをご用意しています。

ICU部門の先輩インタビュー

救命ICU部門 助教

内科の高度な勉強がしたい。
そんな私に最適の場所でした。

山際 暁子 救命ICU部門 助教 2016年入職
植西 憲達
病院教授 植西 憲達Uenishi Norimichi

救急から入院となった重症の患者の治療と若い医師の教育が私の重要な任務です。 私の勤務する救命ICU(集中治療室)には内科、外科問わず様々な重症患者が入院してきますが、この場所は高い診断能力と治療技術を必要とする場所であり、重症の患者の回復を絶対的な目標として、緊張感とともにやりがいをもって優秀なスタッフとともに仕事をしています。

資格
集中治療専門医、総合内科専門医
田島 康介
救急科教授 田島 康介Tajima Kosuke

主に多発外傷や高齢者の大腿骨近位部骨折を担当しています。他科、他部署のスタッフと連携して、無駄な待機期間をなくし、迅速な治療・手術を行っています。

資格
救急専門医、整形外科専門医
有嶋 拓郎
病院教授 有嶋 拓郎Arishima Takuro

あくまで調整型の人間です。欲張りすぎですが、岡崎医療センターの救急車受け入れ台数1日平均22台(年間8000台)、学会発表10本、論文投稿10本をゴールにしています。岡崎医療センター開院直後はERが中心ですが、今後は入院管理も行う診療科にして臨床修練に適した診療科を目指します。

資格
救急科専門医、集中治療専門医
所属
岡崎医療センター
吉田 昌弘
救急科准教授 吉田 昌弘Yoshida Masahiro

骨盤・寛骨臼骨折治療を中心とした整形外傷治療を専門としております。 Movement is life,Life is movement.

資格
日本整形外科学会専門医、AO Trauma Japan 評議員、JATECインストラクターコース終了
加藤 千紘
講師 加藤 千紘Kato Chihiro

いつ何が起こるか分からないERにとてもやりがいを感じています。どんな状況でも冷静でいることを心がけ、あらゆる病態の全ての患者さんにその時のベストを尽くし、スタッフみんなが笑顔で診療できるように気を配る、そんな救急医でいたいと思っています。

資格
救急科専門医
神宮司 成弘
助教 神宮司 成弘Jingushi Naruhiro

あらゆる局面で力を発揮できる総合内科医となるべく、修行の毎日です。現在は救命ICU(ER-ICU)でエビデンスに基づいた全身管理と迅速な診断による早期の根治的治療導入を両輪とする重症内科医を目指して励んでおります。

資格
総合内科専門医、救急科専門医、集中治療専門医
所属
名古屋大学附属病院
日比野 将也
助教 日比野 将也Hibino Masaya

ゆりかごから墓場まで、common diseaseからレアなものまで、軽症から超重症まで適切に管理できるように勉強の毎日です!

資格
集中治療専門医、総合内科専門医、家庭医療専門医・指導医、プライマリ・ケア認定医
小川 広晃
助教(大学院生) 小川 広晃Ogawa Hiroaki

臨床も研究も教育もやってます!

資格
救急専門医、内科認定医
所属
名古屋大学附属病院
山際 暁子
助教 山際 暁子Yamagiwa Akiko

現在は、救命ICU(集中治療室)で内科や外科、そして多発外傷などの重症患者管理を行なっています。目の前の患者さんがたくさんの事を教えてくれる毎日です。医学知識豊富はもちろん、人間性豊かな良き指導者のもと、目の前の患者さんにベストを尽くすこと、またそのベストを尽くす姿まで学びとりながら、日々精進してまいります。

資格
救急専門医、内科認定医
篠原 潤
助教 篠原 潤Shinohara Jun

臓器不全のサポートに終始するだけではなく、複雑な病態を迅速に診断し、個々の症例に最適な治療を実践できるように精進して参ります。

資格
救急科専門医、総合内科専門医
大竹 弘隆
助教 大竹 弘隆Otake Hirotaka

内科・救急・集中治療など幅広く、軽症から重症までより良い医療を提供できるように頑張ります。

資格
総合内科専門医、循環器内科専門医、集中治療専門医
大漉 祐己
助教 大漉 祐己Osuki Yuki

今いる、すぐいる、大量にいる、超軽症から超重症まで、何んでも診ます。

資格
救急科専門医、内科認定医
五島 隆宏
助教 五島 隆宏Goshima Takahiro

急性期から慢性期まで、隔たりのない医療を提供できる医師を目指します。

資格
救急科専門医、日本DMAT隊員