内科の高度な勉強がしたい。
そんな私に最適の場所でした。

山際 暁子

救命ICU部門 助教 2016年入職
プロフィール
金沢医科大学を卒業後、出身地である春日井市の春日井市民病院で勤務。救急外来での経験を積む中で、内科医としてより幅広く高度な知識・技術を身に付けたいと考え、後期研修先に藤田医科大学病院救急総合内科を選んだ。現在は救命ICUの助教として活躍している。
救急総合内科への入職を決めた理由は?

救命総合内科の医師に感銘を受け
ここで働きたいと入職を決意

私は将来、母が開業した内科医院を継ぎたいと思っています。そのため、初期研修先は地元の春日井市民病院を選びましたが、そこに週2回、外勤でお見えになっていたのが藤田医科大学病院救急総合内科の先生でした。救急だけでなく内科の幅広い知識をお持ちであることに感銘を受け、私もこんな先生が働く環境で頑張ってみたいと見学に行き、入職を決めました。

救命ICU 助教 風景
現在の仕事は?

やりがいを感じるのは
患者さんに最善が尽くせた時

私が担当しているのは、救命ICU部門での業務とERの当直業務になります。やりがいを感じるのは、ER当直で目の前にいる患者さんに最善が尽くせた時です。ERにはさまざまな疾患を持った患者さんがお見えになります。これまでの経験を活かしながら、迅速・的確な判断を下し、うまく対処できた時には達成感があります。

救命ICU 助教 風景
救急総合内科で働くことの魅力は?

上司の先生たちは
人間的にも魅力的な人ばかり

救急総合内科の魅力は、上司である先生方が、医学や医療についてだけでなく、人間的にもすばらしいことです。教授はどんな意見でも聞き入れてくださいますし、指導医の皆さんもとにかくフランクな方ばかり。周囲の先生方もモチベーションが高い方が揃っていますし、とても学びやすい環境が整っていると思います。

救命ICU 助教 風景
入職してから一番熱心に取り組んだことは?

がむしゃらに働いた経験が
今後の医師人生に役立つはず

3~4年目は、とにかくがむしゃらに働きました。それは私にとっての誇りですが、今も同じように働けるかといったら、体がついていかないと思います。若手の時に、毎朝のように足がつり、口内炎をたくさん作りながら頑張ったことは、これからの長い医師人生にきっと必要なことだったと思います。

救命ICU 助教 風景
今後の目標は?

目標はさらに経験を重ね、
集中治療専門医の資格を取ること

今後は、救急総合内科での経験をさらに積み上げながら、集中治療専門医の資格を取得したいと考えています。後期研修先を迷っている方には、ぜひ私たち救急総合内科に興味を持ってもらいたいです。内科領域において幅広い知識を身に付けたいという方に、心からおすすめできる職場が待っていますよ。

救命ICU 助教 風景

1日の勤務スケジュール例

07:30 出勤
まずICU患者を把握し、診察を行います。
08:00 ICUカンファレンス
ICUスタッフによるカンファレンスを実施します。
09:00 ICUベッドサイド回診
患者さんのベッドを巡回して診療にあたります。
10:30 患者のカルテ書き
患者さんのカルテを記入します。
13:00 新入院への対応など
入院対応、ERのヘルプ、勉強会などを実施します。
17:00 夜間帯への引き継ぎ
夜勤のスタッフへの申し送りを行います。

キャリアパス

3 年目 GIM部門

入職後はGIMでの勤務を経験

4 年目 救命ICU部門へ異動

内科認定医を取得

5 年目 GIM部門へ異動

病棟リーダーとして活躍

6 年目 ER部門→救急科へ異動

救急専門医を取得

7 年目 救命ICU部門へ異動

集中治療認定医取得に向けて勉強中

オフの日の過ごし方

友人とランチや買い物を
満喫

休日の朝はだいたい遅めの時間に起きて、友人とちょっと美味しいランチを食べたり、一人でふらっとショッピングに出かけたり、また特に予定も立てずにのんびり過ごしたりもします。仕事がハードなので、休日は心も身体もオフにしています。